BIGISSUEを販売するホームレスの方の話を聞いて来た。

f:id:yuichiworld:20180909111341p:plain

スポンサーリンク

 

 

どうもユウイチ(@yuichiho)です!

皆さんは、ホームレスの方が駅前で販売しているBIGISSUEをご存知でしょうか?

赤い服を着て、販売しているのを見かけたことがある方がほとんどじゃないかなと思っています。

 

「どういう人が販売しているんだろう?」

 

自分は、以前からBIGISSUEが気になっていました。

 

しかし、話しかける勇気はありませんでした。

知らない人、知らないことへの抵抗感とでも言うのでしょうかね。

 

そんな中、神戸市・三宮のサンパル2階にある協働と参画のプラットフォームにて「神戸ソーシャルセミナーwith ビッグイシュー」というイベントが開催されることを知り、実際に販売しているホームレスの方と話ができるということで参加してまいりました。

 

彼らはなぜホームレスになったのか?

 

イベントに参加してわかったことは、

「誰もがホームレスになる可能性がある」ということ。

全く他人事ではありません。

そして、自己責任でも無い。

 

どうか最後まで読んで下さい。お願いします。

BIG ISSUEとは?

ビッグイシューJAPANのHPから抜粋。

ビッグイシューは市民が市民自身で仕事、「働く場」をつくる試みです。2003年9月、質の高い雑誌をつくりホームレスの人の独占販売事業とすることで、ホームレス問題の解決に挑戦しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

f:id:yuichiworld:20180909113308j:plain

350円で販売されていて、その内の180円が販売者のホームレスの方に支払われるという仕組みです。

BIGISSUEJAPANが住居を提供し、そこで生活をしながら路上で雑誌を販売しているそうです。

ちなみにBIGISSUEの原型は1991年にイギリスロンドンで生まれたとのこと。

詳細は以下のHPをご覧ください▼

BIGISSUE日本版

スポンサーリンク

 

BIGISSUEを販売するホームレスの方のお話

 BIGISSUEJAPANの社員の方がBIGISSUEの説明や日本のホームレス事情について説明がありました。

f:id:yuichiworld:20180907140024j:plain

印象的だったのが「ホームレスとは状態を表す言葉であり、その人自身を表す言葉ではないということ。

あと、もう一つ印象的だったのが「誰もがホームレスになる可能性がある」ということ。

勝手にギャンブルで失敗して、お金がなくなってしまって、働かなくなって・・と単線的にホームレス状態になる流れを予想していましたが、ホームレスになる過程は多種多様だそうです。

・会社にリストラされた

・会社が倒産した

・友人の借金の肩代わり

・病気

などなど。

会社でリストラにあったと言い出せず、失業保険ももらえない場合もあり、転職活動してもなかなかうまくいかず・・・

そのタイミングで自分が精神的病気、身体的病気になったりしたらどうなるんだろう?

自分でなくとも友人がそんな状況になったらどうするんだろう?

手を差し伸べられる自分なのだろうか?

「助けてくれ」と人に求めることができる自分なのだろうか?

「自己責任」で片付けられる単純な問題なのだろうか?

 自分でどうにかできる範囲を超えているのに、ホームレスになった人が悪いのだろうか?

 

 

全然他人事じゃない。

 

 

 

強い問題意識が頭の中で芽生えました。

 

 

そして、実際にBIGISSUEを販売している男性が登壇。

どっかで見たことあるな〜と思っていたら三宮駅前でBIGISSUEを販売している方でした!

いつも「売ってるな〜売れるのかな〜」と視線だけを送り、通り過ぎていました。

そんな販売者Kさんのお話です。 

ホームレスになる前〜なった後の話 

仕事の悩みにおける大半を占めるのは職場の人間関係とはよく聞きますが。

仕事がなくなったのは40歳の時だったそうです。

そして、仕事を辞めたKさんは富士の樹海で人生に終止符を打つことを決心します。

まず、1週間樹海にいたと聞いて、会場から「え〜」と驚嘆の声。

食料も無い中で1週間生き延びるだけでも大変なのに、それが樹海って。。

既にそこで命を絶った方の荷物や骨らしきものもちらほらあったそうです。

 

ただ、Kさんは死に切れなかった。

 

Kさんは、雨が降り、「足元がぬかるんで嫌だな〜」と思って樹海を脱出したそうですw

「足元ぬかるんで嫌だな〜」という理由よw

BIGISSUEJAPANの人も思わず笑って、ツッコみを入れていましたw

 

それから地元東京にはもう戻れないと思い、大阪まで所持金2万円を持って出て来た。

すぐにお金は底をつき、公園に身を投げるも、どうしようもなくなり、BIGISSUEJAPANに助けを求めたそうです。 

それから、BIGISSUEJAPANの住居に暮らしながら販売をするようになりました。

会場からの質問に答える 

ここからは、会場にいる人達からの質問タイム。

自分も遠慮せずたくさん質問させて頂きました。

 

Q.路上販売していて良かったこと、辛かったことは何ですか? 

自然災害による影響はこんなところにまであるんやな〜。

 

Q.路上販売する上で、意識していることは何ですか?  

この回答には正直胸が痛くなりました。

売りたくても目が合っただけで「何見てんねんこら」と絡まれる。  

辛いな。

笑顔で「こんにちは〜」とか言いながら売ればいいのにと考えていた自分の浅はかさに嫌気がさしました。

もちろんそうやって販売されている方もいると思いますが、目が合っただけで絡まれる可能性がある中でどう売りゃいんだって思いました。。 

 

2〜3時間炎天下の中、立ち続けても一冊も売れない時もあるそうです。

ただ、BIGISSUEの紹介VTRの中で他の販売者さんが「日陰に行くと目立たなくなるからどれだけ暑くても日陰では売れない」とおっしゃっていました。

そんな過酷な環境に自分は耐えられるだろうか。

 

ハリウッドスターや女優、俳優など著名な方が表紙を飾るビッグイシュー。

そのコンテンツにひかれて購入する女性が多いとのこと。

 

イベント終了後も販売者Kさんには質問が飛び交っていました。

僕らにできること

会の終わりにBIGISSUEJAPANさんから参加者の皆様にお願いしたいアクションについて説明がありました。

その一部をツイートしたのがこちら。

こういうイベントって話したら話しっぱなしということがあるので、こういう行動の導線を引いてくれるのは有難いですよね。

 

このトークイベントの翌日、Kさんが販売しているのを見かけたので、昨日の感想と頑張ってくださいとひとこと声をかけました。

何を話すわけでもないけど、Kさんのちょっとした暇つぶしになれればそれでいい。

 

 

皆さんはどんなアクションを取りますか?

 

友人に話す、このブログをシェアする、BIGISSUEを買ってみるなど色々と取れるアクションはあると思います。

「ホームレスになるのは自己責任だよね」と発言している人に、「自分ではどうにもならないことが起きてホームレスになってしまった人もいるんだよ」と教えてあげるだけでもいいと思います。

 

この記事がホームレスについて考えるきっかけになれば幸いです。

 

▼Follow Me▼

ユウイチ🌎 (@yuichiho) | Twitter

 スポンサーリンク